活動紹介

様々な活動を行っています。

青少年グローバル人材育成講演会(2/16)

【中央公民館】

講師にアジア学院副校長大柳由紀子さんを迎え、青少年を対象とした講演会が開催されました。大柳さんは、カースト制度による身分格差、身近なチョコやバナナの背景にある児童労働の問題や不公平な貿易、それを正そうと行われているフェアトレード(公平な貿易)などについて、アジア学院で学ぶアジア・アフリカ地域から来ている農村リーダーたちの話を交えながら子どもたちにわかりやすく話し、「バナナを食べるとき、そのバナナの向こう側に思いを馳せてください」とメッセージを送りました。

多文化サロン ベトナム社会主義共和国(2/9)

【中央公民館】

ベトナム出身のホーティトゥイさんが、同国の歴史や文化、地理、食べ物などを紹介したほか、ベトナムから取り寄せたお菓子や蓮茶をふるまいました。

 

 

会報ともだちNo.91ができあがりました(4月)

こちらから見て下さい。

ジュニアインターナショナルクラブ‐外国料理食事会&インドネシアについて知ろう‐(12/1)

【ASEAN CAFE高崎店】

インドネシア料理の食事会が開催され、ジュニアインターナショナルクラブのメンバー25人が参加しました。インドネシア出身のアプリアントさんをゲストに迎え、ナシゴレン(米を炒めたインドネシア料理)を食べながら、各自用意してきたクイズを出し合ったり、ゲストの話を聞いたりして、インドネシアの食べ物や地理、宗教や産業について学びました。

外国人のための無料法律相談(12/8)

【中央公民館】

外国人のための法律相談が、群馬県観光物産国際協会との共催で行われました。5か国17人の外国人が通訳者と共に、弁護士や行政書士、社会保険労務士に相談しました。主な相談内容は雇用・労働、社会保険、医療関係でした。

Cool Takasaki発信事業~茶道体験~(11/10)

【高崎シティギャラリー】

高崎茶道会と高崎市共催の合同茶会に、カナダ・アメリカ出身の計5人が参加しました。参加者は3つの流派の茶席を体験し、作法や道具の名前、床の間の掛け軸の意味などについて話を聞きました。

会報ともだちNo.90ができあがりました(2月)

こちらから見て下さい。

世界の夏のスイーツ(9/8)

【市民活動センター・ソシアス】
台湾、アメリカ、バングラディシュ、ベトナム出身のゲストと、それぞれの国で夏に食べているスイーツを作るイベントが開催され30人が参加しました。
国ごとのグループに分かれ、できあがったスイーツを試食しながら交流しました。