高崎市国際交流協会

高崎市国際交流協会は、世界の多様な人々とともに、新しい地域文化の創造と平和で平等な社会を実現するため、言葉や文化、習慣などが異なる人々とのふれあいや情報・知識の交換など、心の交流や相互理解のきっかけづくりをお手伝いしています。

活動報告

会報ともだちNo.94ができあがりました(10月)

こちらから見てください。

就学前検診時の母語支援

母語支援は、日本語がわからなくて困っている人を通訳・翻訳でサポートすることです。語学力を生かしてボランティアしたい会員が母語支援者グループに登録し、自動車免許の書き換えや子どもの定期健診時の通訳など、外国人本人や公的機関からの依頼に応じて活動をしています。最近では、来年4月に小学校へ入学する子どもの就学前検診時の通訳(ポルトガル語)の依頼があり、登録ボランティアがサポートしました。

オンラインで再開 子ども日本語学習支援

kodomoshien
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月から休止していた子ども日本語学習支援が、8月にオンラインで再開されました。今は中学生1人と高校進学を目指す1人の計2人が支援を受けています。オンライン支援が始まった時は、アプリ操作に戸惑うこともあったようですが、今はすっかり慣れて、定期的な学習機会を持つことができています。