Atividades desenvolvidas

A Associação Internacional de Takasaki realiza uma grande variedade de eventos.

世界のスープと粉物(12/2)

【市民活動センター・ソシアス】

カメルーン、スリランカ、マケドニア、韓国、台湾のスープと粉物を作るイベントが開催され、20人が参加しました。国ごとに5つのグループに分かれ、スープと粉物を作り、出来上がった料理を分け合って試食し各国の文化を学びました。

語学ボランティア養成講座「スペイン語はじめの一歩」(10/14~12/6)

【中央公民館】

期間中の木曜日にスペイン語講座が開催されました。受講者20人はJICA隊員としてパラグアイに派遣されていた経験のある多文化講師、山田公子先生から、スペイン語の単語やフレーズ発音などの基礎を学びました。

Cool Takasaki発信事業~茶道体験~(11/11)

【高崎シティーギャラリー】

高崎茶道会と高崎市共催の合同茶会に、アメリカ、カナダ、マレーシア、ルーマニア出身などの計7人が参加しました。参加者は有料席でいくつかの本格的な茶席を体験し、無料席で他の参加者と一緒に煎茶を楽しみました。

国際親子交流会(12/16)

【中央公民館】

参加した13家庭26人は、サウスセントラル大学(ミネソタ州)のミックメーヒル・カイラン先生から、日本とアメリカでハーフ・二重国籍の子どもを育てた先生自身の経験と、ソマリアからの移住者が多数住むミネソタ州の取り組みについて話を聞きました。

新規日本語ボランティア養成講座(9/2、12/2)

【中央公民館】

日本語教室のボランティアを希望する人を対象にした講座が開催されました。受講者18人は群馬県立女子大学の足立章子先生から計8時間、日本語指導の基礎を学んだほか、9月から11月にかけて開催された日本語教室の見学を計5回しました。

青少年グローバル人材育成講演会(12/2)

【市民活動センターソシアス】

中島慎一郎さん(読売新聞社新潟支局長)の講演会「ブラジルと日系人ー移民110周年」が開催され、ジュニアインターナショナルクラブのメンバーをはじめ、その家族や一般参加者、計27人が参加しました。

国際交流の集い(10/21)

【ビエント高崎】

第28回国際交流の集いが開催され、約1700人の来場者でにぎわいました。今年もJOMO JETのインターナショナルカーニバルと同時開催でした。各国を紹介するブース、文化体験ブース、飲食店が並びました。また、ステージパフォーマンスも披露されました。

国際交流バスツアー(10/14)

【アジア学院(栃木県那須塩原市)】

会員21人がバスツアーで第46回収穫感謝の日を訪問しました。参加者は収穫感謝の祈りを見学した後、民族衣装のショーや、学院内の農産物を使った世界各国の料理を楽しんだ他、フェアトレードのトークセッションを聞いたり、学院関係者と交流したりしました。